本文へスキップ

八百屋の想いYAOYA SPIRIT

八百屋が伝えるもの

地場野菜(地元で作られる野菜)のように、通常売られる野菜以外にも、
美味いものってのはたくさんある。
冬場なんかは特にたくさんあるんだよ。
例えばホウレン草がある。

群馬県のホウレン草なんかは、今はビニールハウスで作っているものが多いのだけれど、
味を求めて露地で作っている農家もいる。
北橘村だとか富士見のホウレン草は、昔はみんな露地で作ってたんだ。

冬場の群馬だから雨はロクに降らない。
空っ風の中で育ったホウレン草は、育つのに時間がかかる。
東京や埼玉だと40日位でできるものも、群馬だと60日位経たないと
出荷できるサイズにならないんだよ。

そういう状況で作られたのを俺もずいぶん売ってきたけど、これぞ”ホウレン草”
っていうホウレン草なんだよ。

市場で買ってきたそのホウレン草をその日のうちに売るわけじゃないんだよ。
「水を飲ませる」っていうんだけど、泥をいくらか洗いながら水で蘇生して一晩置いて
販売する。
雨降ってないから、水吸うんだよ。
もうピンピンに伸びるんだよ。

それでいて甘みのある。本当のホウレン草だった。

それに近いものが、この(足立区)近辺でとれる。
そういうホウレン草は50円だの80円だの高くたって100円だよ。
ハウスでスッと伸びるのは、目方(重さ)は半分で100円だとか120円なんだよ。
出ているのは、ハウスがほとんどなんだよ。
全体の80%くらいはみんなそういうもんなんだよ。
作りやすい、運びやすい、見た目がいいヤツなんだ。

そういうのは八百屋も売っているかもしれないけど、ほとんどスーパーが競って
売っている。

だけど、その影に、まさに冬の1月から3月の時期に、ホウレン草の栄養価が一番高い
本当のホウレン草の時期に作られたやつ、そういう露地のモノが今だに残って
いるんだよ。

ただ見たクレ(見た目)が悪いからって、見捨てられてるけど味が全然違うんだよ。
栄養価も違うんだよ。

科学技術庁の日本食品標準成分表によると、昔のホウレン草と今のホウレン草では、
栄養価が半分になっている。
ハウスで作られているのは、栄養価なんかほとんどない。

小松菜も然り。

最後は見たクレじゃないんだ。食って美味いヤツがいいんだよ。
俺はそう思っている。

そういうものをみんなが売れは値段も高くなるんだよ。
そういうものが本当は高くてしかるべきなんだよ。
美味いんだから。
栄養価も高いんだから。
ただ見たクレが悪いというだけで、評価が下がちゃうんだよ。

見たクレがいいヤツってのは、栄養価も味もそこそこだけど、評価は上がるんだよ。
評価って何かっていいうと、価格だよ。

わかっている人も何割かいる。
でも大半は、見たクレがいい方、調理し安い方にいく。
100人いたら70人位なびくんじゃないか。
でも、「私はあくまで味なんだよ。」という人もいる。
そう言うヤツは本当に一握り。

そう言う声を消してしまったらいけない。
伝統野菜みたいに受け継がれてきたものが無くなってしまう。
ただ、見たクレが悪い、煮るのに時間がかかるっていうだけで、
無くなってきちゃっているんだよ。
それじゃいけないって思うんだよ。

そう言う話は八百屋じゃないと伝えられないんだよ。


八百屋は本物でなくてはいけない

本当にあなたの食べている野菜・果物は美味しいですか?
見た目で野菜・果物を選んでいませんか?

トマトは露地で作られるものとハウスとでは、見た目はハウスの方がキレイだけど、
全く別物という位、露地の方が美味しい。

梨は袋を被せず太陽光を浴びた方が糖度も歯ごたえも良いけれど、
雨風にさらされる為、肌は汚くなる。

輸入した野菜や果物は、輸入免疫をパスする為燻蒸剤をかける為、
安全とは云いがたい。
国産イチゴは1週間で腐るが、輸入ものは3週間でも変わらない。
これは自然の摂理に反する。

そういう事はお客さんと接する八百屋じゃなければ伝えられない。
何も知らなければキレイなヤツを買うのはあたりまえ。
でも、お客さんが本当に欲しいのは、美味くて安全なヤツだ。

市場では形の良いやつが買われる。
消費者がそれを買っているからだ。しかし、本当に欲しいものは違うはず
生産者は消費者が買うものを作る。しかし、本当に作りたいものは違うはず

八百屋がちゃんと消費者に伝えれば、消費者は形ではなく美味いものを選べる
美味いものが買われれば、生産者も形ではなく美味いものを作れる

形にとらわれず、美味しいものを仕入れる事のできる本物の八百屋。
自分の舌で確認し、本物の美味しさをしっかりと伝えられる本物の八百屋。

八百屋は本物でなくてはならない




八百屋の仲間達

杉本晃章と同じ想いで商売を営む八百屋仲間のHPを紹介します。
是非ご覧下さい。


東京都青果物商業協同組合
約3,000名の組合員で構成される都内で最大規模の八百屋の組合。
杉本晃章が理事を務める。


八百屋塾
東京都青果物商業協同組合が主催する、八百屋の為の研修講座。
毎月、秋葉原にて野菜・果物の本当の姿、特性、効能等を食べ比べによって突き詰める勉強会を開催している。
杉本晃章が講師を務める。


野菜ソムリエのいる八百屋「やおたけ」
東京都清瀬にあるこだわり八百屋です。
店長の石山由美子さんは、一緒に買い出しやイベントを行う仲間です。
同じ想い、同じ悩み、同じ希望を抱えながら日々努力しています。


田中悠のこだわり八百屋
松原団地にある若手のまさに“こだわり”八百屋です。
まったくの素人からはじめた田中悠さんは、日々試行錯誤を繰り返し、
今では素晴らしい商品知識を持ち、お客様へきちんと説明しながら商売を行っています。
田中さんも同じ仲間で買い出しや勉強会を行っています。


ナビゲーション

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休